忍者ブログ
  



DATE : 2017/08/18 (Fri)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DATE : 2007/12/29 (Sat)

初上陸!2泊3日佐渡の旅(→旅程←)、初日は両津港のすぐ近く、加茂湖のほとりにある両津温泉 佐渡グランドホテルに宿泊です。部屋の窓から加茂湖が見えました。天気の良い日だったら気持ちが良さそうです。窓からプールや庭園も見えました。建物自体が結構年代モノのようで、残念ながらそれがわかってしまう感じでした。ツアー代金から考えると私的にはいまいちという印象でした。大浴場は小さめ。女湯は10人ほど入れそうな内風呂がひとつのみでした。洗い場は12箇所ほどありましたが、混んでいる時はシャワーの出が悪くなったりなども。お湯はナトリウム塩化物泉で透明でした。私は基本鈍いので肌がツルツルするとかは感じられなかったのですが、ポカポカになりました

画像:佐渡グランドホテル 部屋


画像:佐渡グランドホテル 佐渡の方言

ホテルの壁に佐渡の方言が貼ってありました。「おぼえる」が“びっくりする”なんですね。“もっこ”とか“むつさんこ”とか、可愛いですね

夕食は今回のツアータイトルでもある“カニ・カキ・ブリ・エビ御膳”です。ブリが美味しかったです。カニは予想どうり小さくて殆ど身が入ってないのだけど、必死になって食べてみました(笑)カキ(写真をとりそこねた)も小さかったし。蒸し焼きみたいなのだったけど、あまり感動は無かったです。加茂湖はカキの養殖が盛んなのだそうですね。佐渡おけさの民謡ショーを鑑賞しながらの夕食だったのですが、佐渡おけさのショーはちょっと寂しい感じでした。残念です。
画像:佐渡グランドホテル 夕食
夕食:カニ・カキ・ブリ・エビ御膳
画像:佐渡グランドホテル 夕食


朝食は和食のバイキングでした。お皿一杯盛りすぎたのでので美しさに欠けちゃってますがお許しを(笑) 私の口にはあまりあいませんでしたが、お腹一杯食べちゃいました
画像:佐渡グランドホテル 朝食
朝食




両津温泉佐渡グランドホテル
住所:〒952-0028 新潟県佐渡市加茂歌代4918-1
TEL:0259-27-3281
FAX:0259-27-4116
URL:佐渡グランドホテル
売店、冷蔵庫(空)、部屋金庫、館内浴衣歩き可

PR
DATE : 2007/12/29 (Sat)

初上陸!2泊3日佐渡の旅(→旅程←)、先ずは弥彦神社です。弥彦神社の神様はうさぎさんなんだとか。可愛い感じがしますね。巫女さん曰く、産業の神様なんだとか。商売繁盛とかにご利益があるのかな♪(写真をクリックしていただくと少し大きくなります。)
画像:弥彦神社 案内板
弥彦神社 案内板
画像:弥彦神社 鳥居
一の鳥居

一の鳥居から入って行きます。この鳥居の左側の柱が宙に浮いているんだそうです。私は見逃してしまいました。失敗x2

鳥居をくぐるとすぐ神橋があります。これは一枚岩をくりぬいたランカンなのだとか。神橋の左手の奥に玉の橋があります。ここは神様の通る橋なんだそうです。
画像:弥彦神社 玉の橋
玉の橋


広い境内を参道に沿って進んでいくと拝殿です。それほど大きくは無いですが、落ち着いた堅実な拝殿は味わい深い拝殿です。
画像:弥彦神社 拝殿
拝殿


私は見逃しましたが、境内には重要文化財の志田の大太刀がある宝物殿、天然記念物の17種の特殊日本鶏や鹿苑などもあるそうです。又、弥彦山山頂公園やロープウェイもあるそうです。

弥彦神社
〒959-0323 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2
TEL:0256-94-2001

弥彦観光協会
TEL:0256-94-3154
URL:弥彦観光協会


DATE : 2007/12/29 (Sat)

ずっと行きたいと思っていた念願の佐渡へ行ってきました。今回は添乗員付きのバスツアーに参加しました。クラブツーリズムたびともバスツアー、『2泊7食付き佐渡の味覚を豪快に召し上がれ!旬のカニ・カキ・ブリ・エビ・日本海の幸を食す年末年始・佐渡うまいものめぐり三日間(¥33980/人 各施設の入場料は別途)』、旅程はこんな感じ。

【1日目】
出発~関越道 川越IC~燕・三条IC → 弥彦神社 →
燕・洋食器店 → 新潟港~佐渡汽船カーフェリー~佐渡島 両津港 → 両津温泉 佐渡グランドホテル

【2日目】
両津温泉 → 小木 たらい舟 → 西三川ゴールドパーク → 七浦海岸 夫婦岩 → 尖閣湾揚島遊園 → 佐渡金山 → 鹿伏温泉 かぶせの湯 相川やまきホテル

【3日目】
鹿伏温泉 → 真野公園 佐渡歴史伝説館 → 能楽の里 → 加茂湖(買い物) → 両津港~佐渡汽船カーフェリー~新潟港 → 新潟(買い物) → 帰宅

バスツアーでもゆっくり周りたいと二泊三日のツアーを選んだのですが、哀しいかな、天気にやられました。寒波がやってくるとのことで、天気予報はことごとく大雪の予報。ツアーの添乗員さんが完全に寒波にびびってしまっていて、三日目の旅程のほとんどを全て二日目に前倒しする事に。本来は3日目午後のフェリーで新潟に帰るはずだったのに、朝九時の便で新潟に帰る始末。ツアーの欠点が強調される駆け足の旅となってしまいました。残念

【1日目】
出発~関越道 川越IC~燕・三条IC

弥彦神社

燕・洋食器店

新潟港~佐渡汽船カーフェリー~佐渡島 両津港

両津温泉 佐渡グランドホテル

【2日目】
両津温泉

小木 たらい舟

佐渡西三川ゴールドパーク

真野公園 佐渡歴史伝説館

七浦海岸 夫婦岩

尖閣湾揚島遊園

佐渡金山

能楽の里

鹿伏温泉 かぶせの湯 相川やまきホテル

【3日目】
鹿伏温泉

加茂湖(買い物)

両津港~佐渡汽船カーフェリー~新潟港

新潟(買い物)

帰宅

31日のカーフェリーは全便就航したそうで、なんだかとっても切ないです。せっかく二泊三日のゆっくりしたツアーを選んだのにこんな展開になって残念です。乗り物に弱い私は行きのフェリーで酔ったのですが、寒波の中就航した帰りの便は酔い止めと睡眠不足のおかげで、気分良く睡眠タイムとなりました。良かった♪

佐渡はなかなか良いところですね。とても気に入りました。特に佐渡西三川ゴールドパークでの砂金採りと尖閣湾揚島遊園が良かったです。是非、又、今度は季節をかえて、行ってみたいです♪

DATE : 2007/12/22 (Sat)

ランチでぐるなびで見て気になっていたお店、成駒に行ってきました。実は今までにも何度か行こうとしたのですが、おおまかな場所しかチェックしていなかったので辿り着く事が出来なかったのですが、先日ひょんな事からお店を見つける事が出来ました
画像:成駒 外観

東武越生線東毛呂駅から“いなげや”さんに向かう途中の左側にある和食のお店です。お店の前に車3台ほどおけそうな駐車スペースがあります。店内はモダン和風で小洒落た感じですが落ち着いていて良いです。私が伺ったときはジャズが流れていました。ブースになっているテーブル席が三つほど、カウンター風の席が10席ほど、畳席が3つほどあるように思います。宴会ちらしがあったので、二階に広間があるのかもしれません。

接客は明るく素朴で悪くないのですが、スタッフの人数が少ないのちょっと注文が課更なると忙しそうです。ドタバタした感じになってお水が出てこなかったりはご愛嬌 土曜日にランチを提供してくれる経営姿勢を高く評価したいです。

メニューは和食です。ランチは定食類や海鮮丼、日替わりランチもありました。入り口の水槽にウナギが泳いでいました。
画像:成駒 焼肉弁当
焼肉弁当 ¥750

今回はおすすめマークがついていた焼肉弁当を食べました。豚肉(だと思います)にたまねぎで、生姜焼きの焼肉のタレ(ニンニク風味)バージョンという感じ。お肉もほどよく柔らかいし、美味しく頂きましたが、味的にはごくごく普通に思いました。焼肉と水菜サラダが同じ枠内に入っているので、お肉はちょっと物足りない感じ。ご飯のほうが残っちゃいました。欲を言えばですが、私はサラダとお肉は別にして欲しいな(笑) 同行者は天ぷら定食を頂きました。こちらもまずまずといった感じですが、サラダがついているのは嬉しいです。
画像:成駒 天ぷら定食
天ぷら定食 ¥880

前回は唐揚定食を頂きました。美味しく頂きましたが、唐揚自体はごく普通に思いました。サラダがついているのは嬉しいです。又、ボリュームも結構あり、お腹が一杯イなりました。
画像:成駒 唐揚定食
唐揚定食 ¥750

土曜日にもランチを提供して下さる経営者の心意気を高く評価します。居心地の良いお店だし、お値段も良心的だし、是非とも頑張って欲しいお店です。私も折をみて又伺いたいと思います。

活うな重と彩りご膳 成駒
住所:埼玉県入間郡毛呂山町大字岩井2371
TEL:049-294-5176
FAX:049-294-5201

成駒 [ その他 ] - Yahoo!グルメ




DATE : 2007/12/16 (Sun)

2007/12/16ランチに伺いました。今回はパスタランチで小エビとほうれん草のトマトクリームパスタ、ピザランチにチョリソーと茄子のサルサピザを頂きました。ピザランチもサラダとドリンクが付きます。パスタランチには小さめの温かいパンが付きますが、サラダはピザランチより小さめでした。セットドリンクで100%のジュースが選べるのは、とても嬉しく思いました。
画像:伊呂波 小エビとほうれん草のトマトクリームパスタ
小エビとほうれん草のトマトクリームパスタ

小エビとほうれん草のトマトクリームパスタは私的には味のバランスがいまいちに思えましたが、同行者は気に入っていました。ピザはまずまずでしたが、厚い生地が苦手な同行者にとってはいまいちだったようです。
画像:伊呂波 チョリソーと茄子のサルサピザ
チョリソーと茄子のサルサピザ



2007/07/08 新しいお店を開拓しようと毛呂山をドライブしていた時に偶然発見したイタリア料理店です。越生町の「山吹の里」の隣にある日本料理 山富貴の姉妹店だそうです。日曜日のランチに行きました。
画像:伊呂波 外観

お店の脇に少なくとも6台はおける駐車場があります。建物の外観はちょっと古そうな感じですが、店内は未だ新しそうに見えました。店内はアジアンテイストの造りで入り口で靴を脱いであがります。小洒落たアジア風居酒屋のような感じです。客層は大学生サークル風のグループ、小さいお子様がいるご家族連れ、カップルなど様々です。
画像:伊呂波 店内

スタッフは若い方が多く元気で明るい感じです。キャピ感があり心地よい接客とは行かないスタッフもいますが感じは決して悪くないです。同行者が夜のメニューやワインリストを見てみたいと頼んだ時も気持ちよく対応して下さいました。又、二人で食事を取り分けて食べていたのですが食後のデザートと飲み物以外はサーブのタイミングもなかなか良かったです。経営者の日曜日にランチを提供するという心意気は高く評価したいです。

今回はアンティパスト、サラダ、選べるパスタorピッツァ、デザート、セットドリンクがセットになっているジュリエットコース(¥1554)と、サラダとドリンク付きのパスタランチ(¥1029)を頂きました。ランチの所為かパスタもピッツァも5~6種位です。ジュリエットコースの前菜はカワイイ感じで目に嬉しかったです。
画像:冬瓜のトマトソース パスタ
ジュリエットコース 前菜・サラダ

メニューの正式な名称は忘れてしまいましたが、アスパラとベーコン入りのピッツァと冬瓜のトマトソースのパスタを食べました。ピザはなかなか好きです。フカフカした感じのちょっと厚みのある生地です。焼きたてを美味しく頂きました。アスパラも美味しかったです。パスタは私としてはもう一味欲しい感じでした。その所為でこちらで唐辛子オイルを加えた所為もありますが、パスタのオイルが少し多すぎるように思いました。又、パンをオリーブオイルで食べるようにすすめられた事も関係しているように思います。帰ってからしばらくずっとオイルが口に残っていました。デザートのティラミスはまぁまぁでした♪
画像:アスパラとベーコンのピッツァ
アスパラとベーコンのピッツァ

画像:冬瓜のトマトソース パスタ
冬瓜のトマトソース パスタ

画像:ティラミス
ジュリエットコース デザート ティラミス

画像:紅茶
ジュリエットコースドリンク 紅茶

アジアン風のお店の雰囲気もなかなか良いし、お値段もまぁまぁだし、又、行きたいお店です。今後も期待しています。是非頑張ってください。
イタリア厨房伊呂波 [ その他 ] - Yahoo!グルメ



伊呂波 (いろは) 
* 入間郡毛呂山町長瀬489-2
* 049-295-7672 
* 水曜定休 
* LUNCH: 11:30~14:00(LO)
DINNER 17:30~21:30(LO)  
* http://www.e-yamabuki.com/iroha/ 
参照URL: 食べログ.com
DATE : 2007/12/09 (Sun)

宝登山からの帰り道、かなり遅いランチなので軽めにということで蕎麦を食べに行く事にしました。結構前の話ですが、同行者が以前訪問した時、蕎麦が美味しくて追加オーダーしたという話を聞き、秩父地場産業センターの2Fにあるレストランロビンに行ってみました。

秩父地場産業センター(じばさんセンター)は秩父鉄道秩父駅改札と同じ建物内です。駅前のロータリーの一角に駐車場があり、じばさんセンターに行く由を伝えたら無料でした。店内は結構広く、テーブル席が12程と、畳席が2つほどあったと思います。明るく誰でも気軽に立ち寄れそうなさっぱりした雰囲気のお店です。メニューもお手頃で素朴なものが多く、定食類や洋食もあります。中途半端な時間帯に伺ったにもかかわらず、駅の一角だけあって、結構、お客さんは入っていました。主に、観光やハイクのお客さんなど電車待ちや時間あわせのお客さんが多いように思います。

今回は、ざる蕎麦大盛(¥650)と蕎麦定食(?)(¥1500)を食べました。ざる蕎麦は確かプラス100円で大盛だったので欲張って大盛にしたのですが、かなりの量でびっくりしました。最近はざる蕎麦一枚で1000円近いお店も多い中、この味この量でこのお値段はかなりお手頃だと思います。比較的大食いの私達もちょっと苦戦しました。蕎麦やそば汁もなかなかですが、私は蕎麦の味や香りはあまり感じませんでした。同行者は前回食べた時のほうが美味しく感じたと言っていました。
画像: ロビン ざる蕎麦大盛
ざる蕎麦大盛


蕎麦定食(?)はミニ蕎麦でご飯がついています。天ぷら、(確か大根の)煮物、茶碗蒸、おしんこ、コーヒーと盛りだくさんです。天ぷらはごく普通だったので、ただのざる蕎麦で十分だったなと思ったりして(笑)
画像: ロビン 蕎麦定食?
蕎麦定食?


ロビン
住所:埼玉県秩父市宮側町1-7 秩父地場産業センター2F
電話:0494-25-1655
参照URL:秩父地域地場産業振興センター


ロビン [ 洋食 ] - Yahoo!グルメ




DATE : 2007/12/09 (Sun)

天気が良かったので、どこかに出かけたくなって長瀞の宝登山に行ってきました。多分、この辺りだと小学校の遠足とかで登らされた事があるような気がするのだけど何も思い出せません(笑)今回は、ロープウェイ(大人片道420円)では無く、歩いて登ってみる事にしました

宝登山神社前、左手の道を上ってロープウェイの大駐車場(普通:¥500)に駐車 駐車場左手にある道から登っていきます。駐車場の管理人さんに聞いたら、幼稚園生も歩いて登っているとの事。体力には自信の無い私も大丈夫だろうとたかをくくったものの、何気に結構急な道が続きます。途中一度休憩しゆっくり歩いて一時間ちょっとで到着です。左手に行くとロープウェイの山麓駅と宝登山神社奥宮、右手にミニ動物園です。私達は右手のミニ動物園側から山頂、宝登山神社奥宮という順番で回ったのですが、どちらかというと宝登山神社奥宮、山頂、ミニ動物園という順番のほうが良い気がします。
画像: 宝登山頂
宝登山頂
画像: 宝登山 頂上

宝登山頂は広場のような開けた空間があり、ベンチも4~5個あります。温かい時はお弁当を食べたりするのに良さそうです。宝登山は497.1Mというお手軽な山なのですが、運動不足&体重オーバーの私は息をきらしながら登りました(笑)結構疲れた

画像: 宝登山神社 奥宮
宝登山神社 奥宮
画像: 宝登山神社 奥宮 とりい
宝登山神社 奥宮 鳥居

宝登山頂から少し下っていくと宝登山神社の奥宮があります。お宮の脇でお守りやお札と一緒にスナックや飲み物も販売しています。お菓子を買ったら素朴で感じの良いお店の方がお菓子とスナックをおすそ分けしてくれましたれました。嬉しいっお宮正面の鳥居前の階段を下りきると奥宮の奥の寒桜が開花中との看板。既に階段を降りてきてしまったので、見逃しました 山頂の広場近くにも背の低い木々が植えられていたので、もしかするとそれが寒桜???

帰りも登ってきた道を下りました。やっぱり帰りのほうが楽だし早いっ♪歩くのが苦手な人でも、ロープウェイで登って歩いて降りるなら楽々です

帰りは下道で帰ろうと長瀞から秩父へ向かいます。お昼を食べそびれてお腹が空いてきたので秩父じばさんセンターのレストランロビンに寄ってお昼にしました。


宝登山
住所:〒369-1305埼玉県秩父郡長瀞町長瀞

秩父長瀞 宝登山神社
住所:〒369-1305埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
TEL:0494-66-0084

宝登山ロープウェイ山麓駅
TEL:0494-66-0258
宝登興業株式会社
TEL:0494-66-3421

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

忍者ブログ [PR]

Copyright 2007~ りょーこ♪, All Rights Reserved.

いらっしゃいませ♪

ご来訪ありがとうございます。記念や足跡代わりにコメントを残していって下さると嬉しいです。過去ログへのコメントも大歓迎です。どうぞ、ごゆっくり( ^^) _旦~~
“このブログについて”や“目次”はカテゴリ→はじめに~目次←をご覧ください。

当ブログのTOP

お時間の許す方は関連サイトにもどうぞお立ち寄り下さい♪
   →
     →メインブログ

Google検索
 
ブログ内検索
最新CM
[06/17 みー]
[02/26 「バカブロ」運営事務局の大胡]
[10/03 滝見駐車場]
[08/02 はるみ楓]
[04/16 りょーこ♪(管理人)]
プロフィール
HN: りょーこ♪
性別:  女性
職業: 難民中
趣味: 映画 旅行 ネット
自己紹介:
週末と休日をこよなく愛すぐうたら三十路。自然と田舎志向でお散歩やプチハイクが好きだが、決してアウトドア派では無い(笑)
バーコード