忍者ブログ
  



DATE : 2017/10/24 (Tue)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DATE : 2008/01/04 (Fri)

2泊3日 奥能登の旅(旅程)、能登金剛 巌門に行きました。幅6m、高さ15m、奥行60mの巌門は長い年月をかけて創られた能登金剛を代表する海食洞門です。小船であれば通ることができるそうです。源義経主従が奥州渡航の際に隠れ場所としたといわれ、いくつかの言い伝えがあるのだとか。巌門めぐりの遊覧船も出航しているそうです。案内板にそって階段を下りゆくと右手に巌門へと続く洞窟へと降りてゆく階段があります。真直ぐ行くと海に続き千畳敷岩が広がっています。(各写真をクリックしていただくと少し大きな写真がご覧頂けます。)
画像:巌門 案内板

画像:巌門

洞窟をぬけると正面には海が広がります。左側のとがった岩が“鷹の巣岩”です。洞窟の上にあたる展望台のところに写真下の案内板がありました。
画像:巌門 展望台案内板


右手に巌門があります。写真の角度がいまいちなのはご愛嬌と言う事でお許し下さい。長い年月と自然が作り上げた岩の門巌門の向こう側には海原が広がります。興味深く素敵な景色です。ただ、似たような場所は他にも結構あるような気がします。洞窟の左手、巌門を正面に見る方向に階段があり周遊できるようになっています。どちらかというと階段側から降りてきて洞窟へ抜けるほうが散策には楽なような気がします。
画像:巌門


画像:巌門 千畳敷岩
上のほうから千畳敷岩あたりを撮影しました(写真上)。手前の岩っぽい辺りが千畳敷岩、その左手(この写真には写っていません)に巌門への洞窟があります。
画像:巌門 千畳敷岩 案内板


巌門は能登金剛の一角なのだそうです。こちらはレストラン巌門の駐車場あたりから撮影しました。写真の右手に広がっている海沿いの岩崖にも巌門のような穴の開いている岩がいくつか見えました。
画像:国定公園能登金剛

画像:国定公園能登金剛 案内板


同じ場所からちょっと海側を撮影です。丁度天気もよくなって、綺麗でした
画像:国定公園能登金剛


巌門も含め、この辺りは又ゆっくり周ってみたいです。nanaさんの『ナナとブーの旅日記』で拝見したのですが近くには松本清張さんの推理小説「ゼロの焦点」の舞台にもなった「ヤセの断崖」などもあるそうです。

能登金剛 巌門
住所:〒925-0445 石川県羽咋郡志賀町富来牛下

志賀町
住所:〒925‐0198 石川県羽咋郡志賀町末吉千古1-1
TEL:0767-32-1111
FAX:0767-32-3933
URL:志賀町ホームページ

URL:志賀町観光協会
URL:能登金剛遊覧船(有)ホームページ


PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード




●トラックバック
  この記事にトラックバックする:
   
[225] [140] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217]

忍者ブログ [PR]

Copyright 2007~ りょーこ♪, All Rights Reserved.

いらっしゃいませ♪

ご来訪ありがとうございます。記念や足跡代わりにコメントを残していって下さると嬉しいです。過去ログへのコメントも大歓迎です。どうぞ、ごゆっくり( ^^) _旦~~
“このブログについて”や“目次”はカテゴリ→はじめに~目次←をご覧ください。

当ブログのTOP

お時間の許す方は関連サイトにもどうぞお立ち寄り下さい♪
   →
     →メインブログ

Google検索
 
ブログ内検索
最新CM
[06/17 みー]
[02/26 「バカブロ」運営事務局の大胡]
[10/03 滝見駐車場]
[08/02 はるみ楓]
[04/16 りょーこ♪(管理人)]
プロフィール
HN: りょーこ♪
性別:  女性
職業: 難民中
趣味: 映画 旅行 ネット
自己紹介:
週末と休日をこよなく愛すぐうたら三十路。自然と田舎志向でお散歩やプチハイクが好きだが、決してアウトドア派では無い(笑)
バーコード